塩づくり 0

0

    こんにちは!

     

    今日は、試行錯誤中の塩づくりについて書きます!

     

    島の周りは瀬戸内海。

    海水が満ちたりひいたり、耳をすませば、島と島の間を流れる潮の音を聞くこともできます(^^)

     

    自然の成り立ちはとても不思議で、海は山が育むといいます。

     

    山から流れ出る水は海にミネラルを運びます。

    もともと島の大地が持っているものが、雨水に乗って海へ流れるからです。

     

    ミネラルと太陽の恵みで、小さな植物プランクトンが増えます。

    植物プランクトンを食べる動物プランクトンが増えて、

    動物プランクトンを食べる小魚も増えます。

    その小魚を、大きな魚が食べて育つのです。

     

    山が、ここでは島が、海を育んでいるのですね。

     

    島の周りの海水は、瀬戸内海という大きな器の中で、大きく動いて、

    その島や、周りの島の大地の特徴をその中に取り込んでいるとも言えますね!

    まさに生命を育む生命の水ですね。

     

    豊島の海水でできる塩は、どんな表情をもつのかなぁ

     

    豊島に人が来る前から島の自然を見守り続けてきた海。

    豊島を取り巻く、海水、そこから伝えられることがあると思います。

     

    自然の生命に、島の想いを込めて結晶させたら、

    どんな味の塩ができあがるのかなぁ。。。

     

    できた豊島の塩を使って、料理が美味しくなって、

    喜ぶ人が増えたら、と想いを馳せると、とても嬉しいですね!!

     

    さぁ、道のりは長そうですが、はじめの一歩!

    塩づくりを始めます!!

     

     

    島に昇る朝日です(^^)


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM